一番経済的なビジネスシューズの選び方

今日はビジネスシューズについてのお話をしたいと思います。

皆さんはビジネスシューズをどのように選んでいらっしゃいますか?

どんなビジネスシューズを実際に選んでいますか?

何のこだわりも無く、ショッピングセンターや靴の量販店で格安のビジネスシューズを選んでいる、という方が多いのかもしれませんね。価格も1万円前後というところでしょうか。

私も実はそんな買い方でした。

靴は消耗品だし・・・
高くても1万円前後出していれば充分だろ・・・
といった考えです。

しかしっ!

実は、そんな買い方が「一番経済的でない」「損をしている」のです。
「安物買いの銭失い」の典型といっていいかもしれません。

結論から言うと、「良い靴を買い、手入れをして、長く履く」、これが一番経済的なんです。

意外」に思われるかもしれませんが、靴はスーツよりも「一生もの」として扱えるものなんです。また、「一生もの」として扱うべきものなんです。「一生もの」として然るべき品質、価値のあるものなのです。

きちんとした品質をもった靴を、手入れをしながら長く履いていく。

これが一番経済的なんです。


さて、「量販店で売っているような1万円前後の靴を手入れして長く履けばいいじゃないか」と聞こえてきそうですが、それは無理でしょう。

靴の造りがそもそも違います。いくら手入れをしていても、構造上限界があります。

革の質も全く違います。

「靴磨き」「ソールの取り換え」以外、お金も手間も掛ける意味がありません。

2年が限界でしょう。

もちろん、見た目を全く気にしないという人であればもう1年は履けるでしょうが、社会人ですから、それは避けたいところですね。

さて、話を戻します。

それでは、「一生もの」の靴っていったい何だ?

いくらするんだ?

というところですが、ざっくっり言って「最低でも3万円以上の靴」となります。

「3万円」では一生履けないかもしれませんが、手入れをして「10年以上」は軽く履けてしまいます。(もちろん毎日履き続けるのは無理です。休養、メンテナンスが必要です)また、この価格帯の靴であれば、「手入れをする」価値があるものといえるでしょう。

次に、どの程度経済的なのかを簡単に見ていきましょう。

10年のスパンでのコストを考えてみます。

まずは『1万円の靴です』。
2年間履いたとして10,000円×5回。
その他、メンテナンス費用として1年に一回のソール交換が必要です。
1,500円×5回で7,500円となり、合計で57,500円がトータル費用と言えます。

次に「一生もの」とできる靴の場合を考えてみます。
基本的に「3万円」以上が目安です。
10年間は当然履けますから、30,000円×1で30,000円です。
この他に、「1万円前後の靴」と比較して余分にかかるメンテナンス費用はおよそ「23,000円」です。つま先補強で2,000円(スチールをはめ込むため初回1回のみ)+ハーフソール交換で2,500×3回=7,500円(3年に一回)+ソール交換で1,500円×9回=13,500円(1年に1回)なります。
(このメンテナンス方法については後日詳しくご説明したいと思います)
10年間でのトータル費用は53,000円となり、「3万円以上の靴」が経済的という結果です。

さらにこの後について考えると、「3万円」以上の靴は購入費が発生しないので、トータル費用の差はどんどん膨らんでいきます。

当然「3万円」以上の靴であれば、10年以上は余裕で履けます。

さて、経済的に「一生もの」の靴が経済的ということが分かったのですが、もう一つ「一生もの」の靴でメリットがあります。

それは、「高い靴を履いているという満足感」です。

「3万円以上の靴」になると、見た目も明らかに違ってきます。周りからも「いい靴を履いている」ということが分かるでしょう。靴好きの人からは「良い靴履いてるね~」なんて言われることもしばしばです。やはり気分もいいものです。毎日身に着けるものですから、気分がいい方がいいですね。気分もいいので靴に愛着も湧きますし、手入れをしようとも思えます。また、「良いものを手入れをして長く使っている」という満足感も出てくるでしょう。

こんないい面があるんです。

初期投資は負担が大きいですが、是非「一生もの」の靴を検討してみてください。


コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ