スーツ選びの基本

お洒落なビジネスマンにとって、スーツは洋服の中心に位置します。

スーツ選びは慎重にならなければなりません。

スーツ選びのポイントは以下の3点です。

・「デザイン」
・「仕立て」
・「ファブリック(生地)」

どの洋服を選ぶ時でもポイントは変わりませんね。

ただし、スーツにおいては「仕立て」に特に気を付ける必要があります。

自分自身の体格・体型をしっかり理解をして、自分にジャストフィットするものを選ぶ必要があります。

スーツはここが少し外れてしまうだけで見栄えが全く変わってしまいます。

本当に格好悪く見えてしまいますので、気を付けましょう。

自分にジャストフィットすることが重要です。

ジャストフィットするスーツを選ぶには

ジャストフィットするスーツを選ぶ一番の方法はオーダースーツを作ることなのですが、ここでは既成スーツを選ぶ際のポイントをご説明したいと思います。

ジャストフィットするスーツを選ぶには、当然「試着」して確認していくしかありません。

まずは肩幅を確認してください。

少しでもズレていてはダメです。

鏡を見て肩の収まりを確認してください。

次に、前ボタンをはめてみて体にフィットするか確認してください。隙間が空いているようではダブついた印象になってしまい格好が悪いので、体にピッタリと吸い付くような感覚があればOKです。

小さすぎると大きく斜めにシワが入るので、小さすぎもいけません。

次に着丈です。

長すぎるジャケットは本当に格好が悪いです。

全体のバランスをよく確認してください。

次にパンツです。

こちらも「ジャストフィット」がポイントです。

太くダブついたパンツはNGです。

楽だからと大き目を選ぶことはいけません。

※このあたりの詳しい解説は別の機会でさせて頂きます。

店員さんにも一緒にみてもらいましょう

以上のポイントを頭に入れた上で、必ず店員さんにも確認するようにしましょう。

何も考えずに聞くよりも、こちら側もポイントを理解して聞くことが重要です。

店員さんはプロですから、いいアドバイスをもらえるでしょう。

最後に繰り返しになりますが、スーツは「仕立て」が命です。

自分に「ジャストフィット」するスーツを選びましょう。


コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ