「ノーネクタイ・ノージャケット」でもジャケパンが活きる!

前回に引き続きジャケパンについてです。

やはりお洒落ビジネスマンにとってジャケパンスタイルは外せません。

さて、前回は、ノーネクタイの場合にジャケパンスタイルが最適であり、セットアップスーツでは「疲れたサラリーマン」になってしまうと説明しました。

今回ご説明したいのは、ノーネクタイ・ノージャケットになった場合も同様だということです。

「ノーネクタイ・ノージャケット」でもやっぱりジャケパンが活きる!

ノージャケットになればジャケパンもセットアップスーツも一緒だと思われるかもしれませんが、それは違うんです。

セットアップスーツをノーネクタイ・ノージャケットにしてしまうと、「職場からちょっとお昼にでてきました」といった印象にどうしてもなってしまいます。

それは、セットアップスーツのパンツはセットアップスーツを前提に製作されているからなんです。

クールビズでどうしてもやってしまうのが、普段着用しているセットアップスーツのパンツを着用するというものです。

これはNGです。

簡単で経済的だとは思いますが、お洒落感は「0」。
前述の通り「職場からちょっとお昼にでてきました」という印象からは逃れられません。

クールビズで着用すべきは「パンツ」単体で製作されているものです。

イコール、ジャケパンで着用する「パンツ」と同様です。

この意味で「ノーネクタイ・ノージャケットでもジャケパンが活きる!」と言ったのです。

普段からジャケパンスタイルできめておけば、クールビズになろうともそもまま流用していける利点があります。

経済的ですよね。

ジャケパンはお洒落ビジネスマンを目指す我々にとって必須のスタイルです。

是非、ジャケパンに挑戦してみてください!


コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ